誠興産業 株式会社

真空ポンプの販売・メンテナンスの誠興産業

製造業の企業価値向上ポータル
製造業の企業価値向上ポータル

 

HOME»  ポンプシステム製造販売

ポンプシステム製造販売

SVEシリーズ(300&500)食品包装用真空ポンプシステム

SVEシリーズ(300&500)食品包装用真空ポンプシステム

 

■潤滑・封液を油から水に換えた画期的な真空ポンプです。

■水封ポンプをベースにして、到達真空度70Pa(0.5トール)を達成しました。

■お客様の多様なニーズに取り組み当社の技術と経験・実績を活かして開発した新しいタイプの真空ポンプシステムです。

 

JSE-300

JSE-300

 

食品包装用真空ポンプ

■品質の向上と生産コストの低減が可能

■潤滑機構を油から水に換えた画期的な真空ポンプです。

■水封ポンプをベースにして、到達真空度70Pa(0.5トール)を達成しました。

 

食品包装用真空ポンプ JSE-300の特徴

2005年に発売した「ブロイラー包装機用真空ポンプユニットJSE-300型」は、長年トラブルもなく、順調に稼働中です。

水封式真空ポンプユニットJSE-300型は、小型で高効率の水封式真空ポンプをベースに、メカニカルブースターを組み合わせたブロイラー袋詰め包装機用の真空ポンプユニットで、このユニット1台で真空パック用1次真空と、2次真空の2系統の真空を供給できる構造となっています。

特徴としては、一般的に使用されている油回転式の真空ポンプに比べ、真空源を包装機の近くに設置できるため

(1)真空性能が安定し歩留まりが向上する
(2)保守の期間が延長できる、などのメリットが期待できます。

これは、油回転式の真空ポンプは、運転時に油煙が出るため、食品を取り扱う真空包装機側への配置が難しく、真空包装機とは離れた、機械室に設置するのが一般的ですが、JSE-300型は、水をシールに使用する水封式真空ポンプをベースにしているため油煙の発生がなく、真空包装機の近くに配置できます。

このため、機械室から真空包装機までの配管での圧力損失や、圧力伝達のタイムラグが低減できるため、包装機側での真空度が安定するほか、運転のスピードアップも期待できるようになります。

さらに、水封式真空ポンプ、メカニカルブースターともにメンテナンス周期が長くなるため、メンテナンスコストの低下にもつながります。ランニングコストの比較では、一般的に使用されているオイルベーンタイプに比べて維持費が2割程度削減でき、油漏れによる環境汚染のリスク回避にもなります。

実機を設置していただいた、(株)ジャパンファーム大崎工場の恵森工場長からは、「真空包装機動作部で測定した真空度は、これまで5トール前後であったが、新型のJSE-300型導入後の真空度は2ール前後と、大幅に改善できた。製品の真空不良が減少して歩留まりが良くなったことに加え、パッケージを真空に脱気する速度も上がって、時間当たりの生産量を増やすことができた。

ユニットの形状も、現状の機器に合わせて設計していただいたため、ポンプユニットを空いていた隙間に配置できた。
このままの状況で使用できるとすると、10年間で200万円近くランニングコストが削減できるのではないか」とのコメントを頂きました。

 

油回転ポンプ用排気フィルター

油回転ポンプのオイルミスト除去のため、ドイツ製高性能排気フィルターを内蔵しており長寿命で、
壁面取り付けも可能です 。 形状、大きさその他ご要望に応じて製作致します

 

3700クラス用排気フィルター

 

■ 3700クラス用排気フィルター

一般に真空ポンプに直付けします 。

 

7500クラス用排気フィルター

 

■7500クラス用排気フィルター

一般に壁に取り付けて使用します。
数台のポンプ排気を集合使用が可能です。

 

油回転ポンプ用油水分離器

真空ポンプが、糖分などを吸引して停止するのを予防するために取り付けます 。

 

キニー型ポンプ用油水分離器

 

■キニー型ポンプ用油水分離器

←油水分離構
  SR-75B2に付設



通常ポンプの近くに設置します。
サイズは、ポンプの大きさ使用台数等に応じて製作致します。

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

お問い合わせ

お問い合わせ